MENU

若い世代に大人気!!ボカロから始まったバンド、ヨルシカの人気曲をご紹介!!

若い世代に大人気!!ボカロから始まったバンド、ヨルシカの人気曲をご紹介

若い世代に大人気!!ボカロから始まったバンド、ヨルシカの人気曲をご紹介

みなさんこんにちは、jです、

 

今回は特に若い世代から人気を得ているボカロから始まったバンド「ヨルシカ」をご紹介していきます。

 

バンドのジャンルではかなり珍しいボカロを合わせた新たなジャンルを奏でるとともに、ノリも抜群の楽曲だらけ。

 

プロフィールや楽曲の特徴とともに、おすすめ楽曲もまとめていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

ヨルシカとは 

ヨルシカとは

ヨルシカとは

・Gt.n-buna(ナブナ)

・Vo.suis(スイ)

の2人組からなる日本のロックバンド、「ヨルシカ」。

 

もともとボーカロイドプロデューサーとして活動していたGt.n-bunaですが、過去のワンマンライブでゲストとして参加したVo.suisと2017年に結成されました。

 

 

2人組バンドなのですが、ヨルシカにはサポートメンバーに

・Gt.下鶴光光康

・Ba.キタニタツヤ

・Dr.Masack

・Pa.平畑徹也

の4人がついています。

 

サポートメンバーも有名な方ばかり。

特にDr.Masackは超人気バンド「My First Story」のドラムを務めていたことでも有名です。

 

他の3人も音楽界ではかなり有名で、ヨルシカの人脈の広さが伺えます。

 

バンド名の由来

ヨルシカのバンド名は、1st Mini Album「夏草が邪魔をする」の収録曲である「雲と幽霊」の歌詞“夜しかもう眠れずに”から来ています。

 

ヨルシカのコンセプトは先入観で音楽を聴いて欲しくないということ。

 

結成当初から顔や2人のプロフィールはほとんど公開されていません。

人間の心理を考えた新しい発想ですよね。

 

また、ヨルシカのアイコンはギョロっとした魚のようなアイコンをしているのですが、

月と月が向かい合っているモチーフで、時計の針にもなっている……6時から夜っていうことで。

それに目っぽくもあるから、「眠れず」からのつながりもあって、いいロゴになったと思います。(n-buna)

ヨルシカ「夏草が邪魔をする」インタビュー|気鋭ボカロP・n-bunaが新たに挑む“バンド”という表現手段 (2/3) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

という意味が込められています。

 

経歴

2017年4月に結成、活動を開始し始めたヨルシカ。

 

約1年後の2018年5月にリリースした2nd Mini Album「負け犬にアンコールはいらない」がオリコン週間ランキング5位を獲得。

 

さらに1年後の2019年4月に1st Full Album「だから僕は音楽を辞めた」、同年8月に2nd Full Album「エルマ」をリリースするという僅か1年でフルアルバムを2作品リリースしています。

 

・オリコンデイリーアルバムチャート

・itunesアルバムチャート

・LINE MUSICチャート

などでランキング1位を獲得する人気さ。

 

もともとの個人活動があったとはいえ人気は急上昇。

これからも見逃せないバンドです。

 

 

おすすめ人気楽曲4選

ここからはヨルシカのおすすめ人気楽曲を4曲まとめていきます。

 

どの楽曲もヨルシカを代表するものばかりですので、ぜひ耳を通してみましょう。

 

ただ君に晴れ


ヨルシカ - ただ君に晴れ (MUSIC VIDEO)

 

2nd Mini Album「負け犬にアンコールはいらない」に収録されている1曲、「ただ君に晴れ」。

 

ヨルシカ一番の人気曲であり、おそらく多くの方は「ただ君に晴れ」でヨルシカを知ったのではないでしょうか。

 

入りから耳に残るギターリフとVo.suiの透き通った声が印象的。

特にサビは手を叩くところもあり、カラオケや飲み会では曲を知らなくても盛り上がれる1曲となっています。

 

リズムも心地良くて、世代関係なく受け入れられる楽曲ではないでしょうか。

 

ヒッチコック


ヨルシカ - ヒッチコック (MUSIC VIDEO)

 

同じく2nd Mini Album「負け犬にアンコールはいらない」に収録されている名曲、「ヒッチコック」です。

 

ヨルシカの楽曲はどれもリズムが良いのですが、

・ただ君に晴れ

・ヒッチコック

は別格に盛り上がれる曲です。

 

静かな入りからサビになるにつれて盛り上がっていくEDMに似た曲構成になっています。

Gt.n-bunaは盛り上げ方、リスナーの引き寄せ方が本当にうまいです。

 

だから僕は音楽を辞めた


ヨルシカ - だから僕は音楽を辞めた (Music Video)

 

1st Full Album「だから僕は音楽を辞めた」のメイン曲、「だから僕は音楽を辞めた」。

 

同曲の聴きどころは、

・Aメロ、Bメロ

・サビ

それぞれの歌い方が違うところです。

 

Aメロ・Bメロは心に収めている言葉・思いをつぶやくような歌い方なのですが、サビはだれかに感情・思っていることをぶつけているような強い歌い方をしています。

 

サビ前のベーススラップが感情が切り替わる印象をさらに高める良いアクセント。

シンプルに歌詞が心に刺さる本当におすすめする1曲です。

 

雨とカプチーノ


ヨルシカ - 雨とカプチーノ(Official Video)

 

2nd Full Album「エルマ」に収録されている代表曲、「雨とカプチーノ」です。

 

これまで紹介してきた楽曲とは少し違うゆったりとした楽曲。

ギターのメロディーがゆったりと落ち着いた雰囲気を感じさせていますが、ドラムのリズムがさらにゆったりさを強調させています。

 

タイトルにもある通り、カプチーノ飲みながらイスやソファーに座ってゆったりと聴きたいですよね。

仕事やちょっとした休憩時に聴くと心が落ち着く最高の1曲です。

 

2つのアルバムが「対」になっている

ヨルシカは2019年の半年というスパンで

・だから僕は音楽を辞めた

・エルマ

の2つアルバムをリリースしています。

 

理由が2つのアルバムの内容・構造が”対”であるからです。

 

ふたりの登場人物が紡ぐ物語が楽しめるアルバム。

この2作品は

・文学

・井伏鱒二『山椒魚』

・ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』

などが源であり、参照して物語・曲を作成したとのこと。

 

つまり、この2作品は全部聴いてこそ物語がつながるということです。

 

1曲でも十分に素晴らしい楽曲。

しかし、楽曲の奥深さ・ストーリーを味わいたいという方はアルバムを聴いてみるのがおすすめです。

 

楽曲作成の秘密を知ると曲を聴くのがさらに楽しくなります。

 

 

終わりに

結成から僅か2年ちょっとという活動で絶大な人気をえているヨルシカ。

 

YouTubeでの再生回数もほとんどの楽曲が1000万回以上再生されており、人気が衰える気配が一切ありません。

 

曲の内容が分かるとさらに面白い聴き方ができるバンドですので、今回紹介した楽曲以外もぜひ聴いてみてください。

以上、ボカロから始まったバンド「ヨルシカ」の紹介でした!!

合わせて読みたい記事

www.j-lifestyle.work