Omoinotakeが人気急上昇中!!ブラックミュージック×ポップスを奏でるセンスの良さに再注目!!

Omoinotakeが今人気急上昇中!!その理由は?
今、YouTubeの”一発撮り”で話題となり再注目を集めている3ピースバンド、Omoinotake

 

現代と一昔前の音楽を合わせたようなリズミカルなサウンドが特徴的のバンド。

今回はそんなOmoinotakeのプロフィールとおすすめ曲を紹介していきます!!

 

ぜひチェックしてみてください!!

 

 

Omoinotakeって?

プロフィール

Omoinotake(呼び方:オモイノタケ)。

 

2012年に東京で結成された

・Vo/Key.藤井レオ

・Ba/Cho.福島智朗

・Dr.冨田洋之進

からなる3ピースバンド。

 

 

彼らの特徴は何と言っても”ギター”という存在がいないということ!!

今やギターなくしてバンドは語れないと言えるほど、1バンドに1人はギター担当がいますよね。

 

しかし、Omoinotakeは”ギターレス”という独自のスタイルを編み出しキーボードと声をメインとしたバンドを築いています。

 

確かにキーボードでも主メロディーになります。

気になるのはなぜ”ギターレス”という形態になったのか。

 

 

実は、オルタナティブアーティストceroの2015年にリリースした3rd Album「Obscure Ride」に強く影響を受けたといいます。 

 

ceroと言えばジャンルレスな音楽と言えるバンドの代表格。

”ジャンルレス”という部分がOmoinotakeを聴いていると当てはまる部分が多く、自由な音楽が持ち味と言えるバンドです!!

 

 

曲調とルーツ

ceroからの影響が強いこともあり、ルーツはブラックミュージック。

・ソウル

・R&B

といった要素がメロディーやリズムを聴いているとよく分かります。

 

ブラックミュージックが軸だけど、日本のポップス感を感じさせるキーボードのメロディー。

それでいてブラックミュージック独特のグルーブが混ざるOmoinotakeのサウンドは魅力的で狂気的。

 

 

なぜ今の今までメディアに大きく取り上げられなかったのかが不思議なくらいセンス溢れる楽曲が多数。

今年(2020年)これから伸びてくるのではないかと期待しています!!

 

 

再注目・話題となっているされている理由

一発撮りの動画


Omoinotake - One Day / THE HOME TAKE

 

最近、ネットやSNSで話題となっているTHE HOME TAKE。

「今の苦しい状況だからこそ音楽を届けたい」

という想いから始まった人気のYouTubeコンテンツです。

 

Omoinotakeも5月29日に「One Day」という曲で初登場。

新型コロナという苦しい状況で感じた葛藤や憤り、乗り越えようという想いを乗せた最高の1曲です。

 

Omoinotakeは楽曲・歌共にハズレのないアーティスト。

Vo.藤井の高く済んだ声はスッと耳に入って、歌詞の内容もしっかり伝わってきます。

 

THE FIRST TAKE(THE HOME TAKE)は今旬のアーティスト、これから注目を集めるであろう素晴らしいアーティストの歌をリアルで届けてくれるチャンネルです。

 

今流行りの音楽を知りたいと思う方がいましたら、ぜひ登録・視聴することをおすすめしますよ!!

www.youtube.com

 

 

ヒゲダンと出身地が同じ!?

Omoinotakeが再注目されている1つにOfficial髭男dismと同じ出身地だという事が話題となっています。

 

共に島根県出身で結成年も同じ。

さらには音楽のテイストも似たところがあると話題に。

 

Official髭男dismだけでなくこんなにも素晴らしいバンドが存在していたことを認知する方が多く、

「もっと早く知りたかった!!」

という方も少なくありません。

 

Omoinotake自身、ヒゲダンの大ブレイクに刺激を受け

同郷の同年代のバンドの活躍は嬉しくもあり、刺激にもなり、同時に焦りにもつながりました

Vo/Key.藤井

 と語っています。

 

合わせて読みたい記事

www.j-lifestyle.work

 

 

初の書き下ろしが話題


Omoinotake / モラトリアム

 

結成から8年の時を経て舞い込んできた初の書下ろし。

2020年2月15日に公開された劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の主題歌「モラトリアム」です。

 

BL映画という初の書下ろしとしてはかなり難易度の高い条件だが、自分との共通するポイントや恋愛のポイントをうまくBL映画という世界観に入れ込んだ傑作と言えます。

 

 

バラード調となっているモラトリアム。

持ち味のグルーブで踊れる要素がありながら、BL独自の切なさを表現した部分もあるオリジナリティー溢れる1曲。

 

これまでと違う曲構成となっているのもポイント。

今後さらなる発展が期待できるバンドと言えますね!!

 

 

終わりに

8年という長い間、どこにいたのか不明と言われていたOmoinotake 。

ちょこちょこ楽曲はリリースしていましたが、今(2020年)、確実に人気が爆上がり中です。

 

主題歌「モラトリアム」を始め、これから人気バンドへと駆け上がっていくことを願っています!!

 

以上、Omoinotakeの紹介でした!!

 

オススメ記事

www.j-lifestyle.work