UKロック感漂うバンド、No Busesの「Pretty Old Man」を聴かないという手はない!!

f:id:j-lifestyle:20200316205022j:plain

みなさんこんにちは!

 

今回はNo Busesというバンドの

Pretty Old Man」をご紹介します!!

 

一瞬海外のバンドかと思ってしまうほどの

発音とメロディーが印象的なバンドです。

 

ぜひ聴いてみてください!!

 

 

「Pretty Old Man」の視聴 


No Buses - Pretty Old Man (Official Video)

 

No Busesの「Pretty Old Man」を

聴いていただきました!!

 

最初の始まり方、すごくおしゃれじゃないですか?

おそらく始まって2~4秒くらいでPretty Old Manを好きになった方は多いのではないかと思います。

 

曲調は英風感漂うメロディー。

ギターカッティングもそうですが、

メロディーギターが特にUKロックを強く感じます。

それでいてNo BusesのVo.近藤は

日本人とは思えないほどのネイティブな発音。

 

私は始めて聴いたとき、

本当に海外のバンドだと思っていました。

 

 

曲のコード進行的には同じ音の繰り返しですが、

1つ1つの音にキレがあって”ありきたり感”

全く感じられませんよね。

むしろ”斬新さ”まで感じる1曲です。

 

楽曲もそうですが、

MVのダンスもかなり印象的です。

特にVo.近藤の腰使いが原因でしょうか?

サビのシュールな動きが頭から離れないんですよね。

 

初めは何とも思わないかもしれませんが、

2・3回と聴いていくと癖になりますよ~。

ある意味要注意です!!

 

No Busesって?

f:id:j-lifestyle:20200215111030j:plain

2016年に結成された神田外語大学出身のバンド、No Buses(読み方:ノーバシーズ)。

メンバーは

・Vo/Gt.近藤大彗

・Gt.後藤晋也

・Ba.杉山沙織

・Dr.市川壱盛

の4人組ロックバンドです。

 

No Busesというバンド名は、

Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)の

曲名から来ており、

その影響かUKロックっぽさが強く感じられます。

 

結成時は現役大学生であり、

当時のMVや写真を見ると

「本当に大学生??」

と疑うほど品格のある4人です。

 

大学生でUKっぽさ全開の楽曲が作れるって

かなりの才能ですよね!!

 

No Busesの曲調はガレージロックと言われる部類。

UKっぽさが伝わるサウンド構成で、

歌詞もほとんどが英語となっています。

 

最近はポップスやJ-ROCKが多い印象でしたので、

違うジャンルであるNo Busesは新鮮さがあって

個人的にはめちゃめちゃ好きです。

 

 

曲のかっこよさは「Pretty Old Man」で

十分理解したかと思いますが、

気になるのは実力ですよね。

 

No Busesは2018年開催された

SUMMER SONIC2018での一般参加オーディション

出れんの!?サマソニ!?」にて

3500組の応募の中から選ばれ、

当日演奏した経歴もあります。

つまり、実力は本物。

 

これから注目されるバンドなのでは...

と期待しています!!

 

 

終わりに

いかがでしたか?

 

最近では珍しいガレージロックバンド、No Buses。

人気になればガレージロックバンドのブームが来るかもしれませんね!!

 

以上、No BusesPretty Old Man」の

紹介でした!!

 

 

前回の記事

www.j-lifestyle.work

www.j-lifestyle.work

 

 

ブログ村の登録もよければお願いします!!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村