Nulbarichの人気曲はこれ!邦楽アシッドジャズを熱くさせた先駆者バンド

 

Nulbarichの人気曲はこれ!邦楽アシッドジャズを熱くさせた先駆者バンド

Nulbarichの人気曲はこれ!邦楽アシッドジャズを熱くさせた先駆者バンド

みなさんこんにちは、jです。

 

Nulbarichの人気曲とは?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の主な内容

Nulbarichとは何者なのか

Nulbarichの人気曲は

 

2017年~現在にかけてCMで注目を集めたNulbarich。

 

邦楽アシッドジャズを盛り上がらせた先駆者バンドである彼らは一体何者なのか。

また、人気曲は何か。

 

本記事ではそんなNulbarichの特徴や人気曲をまとめていきます。

 

< Nulbarichが聴き放題 >

Amazon Music Unlimitedへ

 

 

Nulbarichについて

Nulbarich(読み方:ナルバリッチ)。

 

2016年に結成したアシッドジャズバンド。

シンガソングライターJQがプロデュース・ボーカルを務めており、

・ギター

・ベース

・ドラム

・キーボード

・ボーカル

の5人構成で行っています。

 

メンバーは固定ではなく、その時の形態によってメンバーが変わる珍しいバンド。

 

Nulbarichという変わったバンド名の由来は公式サイトで以下のように書かれています。

「Null(何もない)」けど「Rich(満たされている)」

BIOGRAPHY | Nulbarich official site

 

相反する言葉・感情が込められた造語で、そこにはJQらしい想いが込められています。

 

Nulbarichの2つの特徴

Nulbarichはなぜ注目を集めたの?

 

Nulbarichが注目を集めたのには2つの特徴があると感じています。

 

アシッドジャズを取り入れた曲構成

Nulbarichはアシッドジャズを取り入れた曲構成が特徴です。

 

・ソウル

・ファンク

・アシッド・ジャズ

など、ブラックミュージックをベースにしているNulbarich。

 

中でもアシッドジャズを取り入れたことで、かつてない独特なサウンドが生まれました。

 

また、生演奏をサンプリングし組み上げるというJQらしいサウンド。

そこにブラックミュージック要素を加えてエモーショナルでポップなサウンドへと昇華させています。

 

Vo.JQの声質が楽曲にマッチ

もう1つはVo.JQの声質が楽曲にマッチしていることです。

 

いい意味で”気の抜けた声”を持つJQ。

アシッドジャズをベースとした楽曲にJQの声質は本当に相性が良く、聴いていてリラックスできます。

 

これがロックだったら、これほどの人気は出ていないかもしれませんね。

 

Nulbarichは他バンドと音楽性が似ている?

ブラックミュージックをルーツとした楽曲を聴いていると

他バンドとどこか似てない?

という声がよく上がってきます。

 

Nulbarichもまた同じ。

音楽性が似ているということで、SuchmosやLUCKY TAPESなどとよく比較されています。

 

だからこそ

SuchmosやLUCKY TAPESを聴く方におすすめ!

といった紹介をされることがありますが、JQは親近感湧いているとのこと。

 

同じ系統だからこそ通じる部分があるのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事

www.j-lifestyle.work

 

Nulbarichの人気曲5選

Nulbarichの人気曲を知りたい!

 

ここからはNulbarichの人気曲をご紹介していきます。

 

今回ご紹介する人気曲は次の5曲です。

人気曲5選

・NEW ERA
・Lipstick
・It's Who We Are
・ain't on the map yet
・VOICE

 

NEW ERA


Nulbarich - NEW ERA (Official Music Video)

 

2016年10月にリリースされた1st Album「Guess Who?」の収録曲、「NEW ERA」。

 

NEW ERAは2017年7月にHONDA「GRACE」のCMソングに起用されました。

その影響か、

聴いたことある!

という方も多いのではないでしょうか。

 

実はNEW ERA、リリースから1年後にCMソングに起用されているんですよね。

無名だったからこそかもしれませんが、それでもすごいことです。

 

Nulbarichとしては初のミュージックビデオとなったNEW ERA。

YouTube再生回数は驚異の670万回再生越え。

 

再生回数からでもわかる、Nulbarichの人気曲です!

 

Lipstick


Nulbarich - Lipstick (Official Music Video)

 

同じく1st Album「Guess Who?」に収録されている「Lipstick」。

 

Nulbarich史上最高にMV・サウンドともに大人の色気を感じる1曲。

それはイントロのギターから感じられます。

 

しかし、一番聴いていただきたいのはギターではなくベース。

ベースラインが”大人の色気”を感じさせる最高のアクセントとなっています。

 

ベース音が聴き取りずらい…

という方はイヤホンで聴いてみましょう!

 

MVの途中で流れるCD宣伝もNulbarichならではのおしゃれさ。

 

MV毎に宣伝していますので、気になる方はぜひ見てみましょう。

 

It's Who We Are


Nulbarich - It's Who We Are (Official Music Video) [Radio Edit]

 

2018年にリリースされた2nd Album「H.O.T」に収録されているトップ曲、「It's Who We Are」。

 

Nulbarichをあまり聴いたことない…

という方に特におすすめできる人気曲です。

 

同曲の何がおすすめかというと、やはりリズム。

ギターカッティングは最高ですし、ドラムのリズムもまた何とも言えない良さがあります。

 

MVと同じように外を歩きながらイヤホンつけて聴きたい、そんな1曲です。 

 

It's Who We Areおすすめですよ!

 

ain't on the map yet


Nulbarich – ain't on the map yet (Official Music Video)

 

同じく2nd Album「H.O.T」に収録されている1曲、「ain't on the map yet」。 

 

同曲はノンタイアップなのですが、MVの再生回数は500万回を超えています。

Nulbarichの中でも上位を争う人気曲です。

 

楽曲自体も良いのですが、MVも話題になった1曲。

 

Nulbarich史上最高に”ホット”な楽曲となっています!

 

VOICE


Nulbarich – VOICE (Official Music Video)

 

Nulbarichの楽曲で1・2位を争う人気曲「VOICE」。

 

同曲は「シチズン クロスシー」のCMに起用されたことで話題となりました。

 

MVは非常に豪華。

サカナクションや米津玄師の映像も手掛けている山田智和が監督、数多くのCMに出演し注目を集めているダンサー、アオイヤマダを起用した今作。

 

映像内容も街中を縦横無尽に歩き、その時その場所の”切なさと前向きさ”の絶妙なバランスが表現されており、楽曲とマッチしています。

 

曲・MVともに楽しめる、唯一無二の作品ですよ!

 

< Nulbarichが聴き放題 >

Amazon Music Unlimitedへ

 

終わりに

現代の邦楽アシッドジャズ先駆者ともいえるバンドの1組、Nulbarich。

 

ブレイクしたのは3年前になりますが、今も人気は途絶えず右上がり。

これからもアシッドジャズ・シティポップを引っ張っていく存在であり続けてほしいですね。

 

以上、Nulbarichの人気曲の紹介でした!

合わせて読みたい記事

www.j-lifestyle.work